赤い袖先(原題)

PROGRAM

ジュノ(2PM)が歴史上の人物を熱演!
名君イ・サンの若き日々を体現する

袖の先触れ合う距離、手の届かぬ人――。2度も王の求愛を断った側室・宜嬪〔ウィビン〕成〔ソン〕氏の逸話をもとに、朝鮮22代王・正祖〔チョンジョ〕=イ・サンの若き日々を描いたロマンス時代劇。名君と女官の切ない愛を美しい映像で綴る。

数々の俳優が演じてきた名君イ・サンに扮するのは、これが除隊後の復帰作となった2PMのジュノ。孤独な王位継承者としてのシリアスな姿と、恋心を募らせるロマンティックな表情を絶妙なバランスで見せ、新たなイ・サンを創り上げている。

一方、好奇心旺盛な女官ドクイムを溌剌と演じるのはイ・セヨン。序盤にはドクイムが世孫と知らずサンを振りまわすコミカルな場面も。次第に切ないロマンスへと発展する2人の愛の行方に注目だ。

『仮面の王 イ・ソン』(KNTV放送時『君主~仮面の主人~』)の脚本家と『自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~』の演出家ら女性陣がタッグを組み、同名ベストセラー小説をドラマ化。1話延長され、最終回には17.4%(ニールセンコリア全国世帯基準)という高視聴率で有終の美を飾った。2021年末のMBC演技大賞では、ジュノとイ・セヨンが共に最優秀演技賞とベストカップル賞に輝いたほか、最多となる8冠を受賞。注目の話題作が、KNTVで2022年6月26日(日)よりアンコール放送となる。

©2021MBC

 

ジュノ扮する名君のカリスマ&ツンデレな一面が新鮮!

2PMのジュノが除隊後の復帰作に選んだのが本作。主人公は、イ・ソジン(『イ・サン』)、ヒョンビン(映画『王の涙―イ・サンの決断―』)など、数多くのスターが演じてきた実在する歴史上の人物だ。民を想い、他人にも自分にも厳しい為政者としての顔をカリスマ性たっぷりに演じる一方、愛するドクイムには一途な眼差しを向けるロマンティストな面も。ちょっと大人げない顔を見せたり、ツンデレなイ・サンというキャラクター像が新鮮だ。

©2021MBC

 

演技巧者たちの豪華共演&MBC演技大賞で8冠の快挙

最優秀演技賞およびベストカップル賞を受賞したジュノ&イ・セヨンをはじめ、2021年のMBC演技大賞では最多となる8冠を獲得した。サンに忠誠を尽くすホン・ドンロ役のカン・フンは新人賞、ドクイムを見守るソ尚宮役のチャン・ヘジンは助演賞を受賞。また、おおらかさと厳格さを兼ね備えた英祖〔ヨンジョ〕役を貫禄たっぷりに演じたイ・ドクファには功労賞が贈られた。実力派キャストによる演技のアンサンブルが本作を成功に導いたといえるだろう。作品自体も「今年のドラマ」賞を受賞した。

©2021MBC

 

【歴史豆知識】非業の死を遂げた思悼世子

英祖にとってその名を出すこともタブーとされた思悼〔サド〕世子。実の息子だが、親子の仲は党派争いによって引き裂かれた。そのため思悼世子は精神を病み、奇行に走るようになっていく。そして1762年、謀反の疑いをかけられて米こめびつ櫃に閉じ込められ、餓死してしまう……。この歴史的事件は2人の王のその後の生涯に暗い影を落とすことになった。

 

Story
朝鮮国王・英祖(イ・ドクファ)の孫であるサンは悲劇的な事件で父を失い、宮中で孤独に育った。ある夜、サンは幼い宮女ドクイムの機転で窮地を救われ、ほのかに想いを寄せる。しかし再会は叶わず、時が流れた……。数年後、成長したドクイム(イ・セヨン)は持ち前の聡明さで尚宮たちに目をかけられつつ自分の生き方を模索していた。そんなある日、転んだ拍子に近くにいたサン(ジュノ)を巻き込み、池に落ちてしまう! 反省文を書くよう命じられたドクイムは、書庫にやって来たサンを司書と勘違いし、無礼な態度で追い返す。怒ったサンは何度も書き直しを命じ、2人は次第に距離を縮めていくのだった。その一方、宮中では勢力争いが激しさを増し、サンに危機が……。

人物相関図

赤い袖先(原題)
2022年6月26日(日)よりアンコール放送スタート!
出演:ジュノ(2PM)、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ、パク・チヨン、チャン・ヒジン、オ・デファン
脚本:チョン・ヘリ(『仮面の王 イ・ソン』
演出:チョン・ジイン(『自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~』)、ソン・ヨナ(『私がいちばん綺麗だった時』
2021~2022年/全17話/MBC/옷소매 붉은 끝동
©2021MBC

KNTV放送情報   

 

関連記事一覧